カードローンには、そのサービスごとに最大800万円や最大500万円といった具合に利用可能な最大の限度額が決められていますが、どのような人でもその金額で利用できるわけではありません。実際の限度額は初回の契約時に審査があり、審査での評価に応じて希望する金額の範囲内で決められます。この限度額は何を基準に決められているかと言うと、一言で表すと申し込みをした人の返済能力がどれだけあるかということがポイントになります。そのため年収が高ければ高いほど良いですし勤続年数が長ければ長いほど評価が高くなります。また、いくら年収が高くても他社の利用件数が多かったり借入総額が大きすぎると低い限度額となってしまいます。カードローンに新規申し込みをして最初の契約の段階では、まだ利用実績がない状態ですので、限度額は低めに決められる場合が多いと考えられます。カードローンを利用して半年以上滞納などがなくしっかりと返済した実績を作れば、増額申し込みもして限度額の引き上げができる場合があります。1つのカードローンで高い限度額で利用したいと考えているならば、最初は少なめの限度額でも、返済実績を作って増額の審査を受けてみるのも1つの方法です。