カードローンの審査は、法律で定められた範囲の基準に関してはどこの金融機関でも守っています。例えば、年収の3分の1以上の貸し出しは総量規制で禁止されています。法律の範囲内であれば、各金融機関はそれぞれの審査基準で利用者を判定しています。消費者金融では貸し倒れリスクを見込んで金利を高くしたり、銀行のカードローンでは金利を低くする代わりに審査を厳しくしたりといったように。カードローンの審査を通過しやすくするにはどういった対策をすれば良いのかいくつか紹介します。まずは収入に見合った借入限度額で申し込むことです。10?20万円くらいの少額の借り入れなら審査も通過しやすくなります。少額の申込みで借り入れできたなら返済期日にはキチンと返済し、信用実績を積み上げます。そうすれば、借入限度額の増額にも応じてもらえます。もし、公務員や正社員として働いているなら、本人確認書類として共済保険や社会保険の保険証を提示すれば、審査でも有利になります。就職して間もないというような人は、半年から1年ほど働いて実績をつくってから申し込んだほうが良いでしょう。後は補足として、申込みの際の借り入れ理由の記入欄では「生活費のため」とか「借金の返済」などの生活に困っているような理由にすることは控えたほうが良いです。